いつ起こるかわからない地震に備えて予測情報サービスを利用しよう

男女

揺れる前に情報を得られる

日本列島

構築された伝達システム

強い揺れが来ると予測される少し前になると、テレビなどで緊急地震速報が流れ、我々に注意を促してくれます。こうした地震予報はどのような仕組みでシステム化されているのか、それを紹介します。重要なのはP波とS波です。P波は比較的小さな揺れで、S波よりも高速で地面を伝わるという性質を持ちます。地震予報ではこの性質を利用しており、日本各地に設置した地震計でP波を観測すると、震源や地震規模などの推定をして気象庁に情報送信します。気象庁では送信されたデータに基づいて緊急地震速報を発表します。このときに情報を受け取るのは、緊急地震速報配信事業者です。数々の登録事業者が情報を受け取り、一般向け、高度利用者向け、配信サービス事業者向けなどに更に送信されます。また、平成19年10月1日からはテレビおよびラジオでも緊急地震速報を放送しています。あるいは携帯電話各社もそれぞれ配信サービスを展開しています。上記のプロセスにより、色々な形で予報を受け取れる環境を構築しています。個人であればテレビやスマホアプリで受け取ることが多いと思われますし、危険物を扱う事業者であれば一瞬でも早く受け取りたいと考えて事業者向けサービスに加入することも考えられます。予報の際に極めて重要なのは、わずかの観測データから高精度の予測を立てることです。これを可能にするのは、コンピュータの演算速度の向上です。また情報送信の際の電気信号は地震波の速度よりも圧倒的に速く、揺れを感じる前に危険を知らせることを可能にしています。科学技術を上手に利用することで、国民の安全を守ることに役立てています。