いつ起こるかわからない地震に備えて予測情報サービスを利用しよう

男性
日本列島

揺れる前に情報を得られる

地震予報プロセスの始まりは、P波の観測です。P波を検知した観測器は、データを気象庁に送り、気象庁は緊急地震速報を配信事業者に伝達します。そして利用者に速報が伝えられ、危険が知らされます。特にサービスを利用していなくても、テレビやラジオから速報を知ることができる仕組みになっています。

地震

マンションの安全を守る

地震大国の日本では、緊急地震速報(予報)対応サービスがインターホンに設備されているマンションを選ぶ事は、災害対策の上で非常に重要なポイントです。地震情報を事前に予測出来れば、次に起こす行動も大きな差が生まれ、天災被害を大幅に減少させる事が可能になります。

防災グッズ

普段から気をつける

地震予想をするサイトを利用する事は安全対策の一つですが信用できるサイトを利用する事が重要です。現在はラジオの雑音で地震の発生を予測するサイトを利用する方が増加しており精度も高くなっています。

災害に関するサービス

婦人

日本では、これまでにさまざまな地域で大きな地震が発生しています。日本がある場所は、地震の原因となるプレートの付近なため、地震が起こりやすいのが特徴です。また、地震の揺れの大きさだけでなく、それに伴う火災や事故も懸念されています。地震を含む災害に対して、一人ひとりが正しい情報を持ち対策を心がけることが大切です。最近では、地震を予測するアプリやメール配信サービスも注目されています。スマートフォンやパソコンなどを使用している人は増加傾向にあり、防災に役立てようとさまざまな企業が開発や研究に取り組んでいます。すでに地震予測サービスを利用している人もたくさんいますが、実際に使ったことがないというケースも多いため、万が一に備えてシミュレーションをしておくことが大切です。多くのサービスは、希望するエリアやメールアドレスの登録をするだけで簡単に使用することができます。しかし、アプリの更新やバージョンアップなど定期的に対応できているかも確認しておきましょう。地震予測サービスから通知が届いたら、慌てずに身の安全を確保することが重要です。通知から揺れが起こるまで数秒から数分と比較的短い時間であるため、迅速な行動を心がける必要があります。お子さんのスマートフォンなどに地震予測サービスを登録している人は、あらかじめ通知が届いた際の対応を伝えておきましょう。また、100%地震予測が可能であると過信せずに、普段から万が一の事態を想定して訓練や対策をしておく必要があります。